令和2年度のインフルエンザ予防接種を10月1日から行います。


 
今年一月に中華人民共和国武漢を発生源とする新型コロナウイルスの世界的流行が起こり、現在もまだウイルスの終息が認められておらず、福岡県でもコロナウイルス陽性者は後を絶ちません。
例年インフルエンザ予防接種においては、接種希望者が多数クリニックに来院される為、今年度の予防接種でもいわゆる3密の状態を作りかねません。
従いまして、当クリニックでの今年度のインフルエンザ予防接種は全日予約制を取らせていただき、できる限り密の状態を避けていきたいと考えております。
 
今年度はネットでの予約を実施します。
予約は以下のサイトから予約が可能です。
 
インフルエンザ予約はこちら

※重要※
今年は新型コロナウイルスの同時流行が懸念されている為、全国的にインフルエンザの予防接種の需要量が急増しております。当院としても何とかインフルエンザワクチンを確保する為尽力しておりますが、予防注射の希望する患者様皆様に供給出来る量が確保出来ない状況が続いております。
なかなか予防注射の予約が取る事が出来ず、患者様方には大変ご迷惑をおかけしておりますが、インフルエンザワクチンが入手出来次第、速やかに予約枠を拡大していこうと思いますので、今暫くお待ち頂きたく存じます。
 
 
福岡市でのCOCOA関連のインフルエンザ予防接種の際の予診票は、福岡市専用の予診票になりますので、上記インフルエンザ予防接種予約サイトからリンクされているインフルエンザ予防接種の予診票には記入せずに来院してください。当クリニックにて予診票を記入してください。

 
インフルエンザ接種料金について


 
金額は
高校生まで 1回3,000円
大人 1回3,500円
です。
小学生以下は2〜4週間以上あけて、2回接種をお勧めしております。

 

福岡市にお住まいの方のインフルエンザ予防接種に関する特例について

 
福岡市では、新型コロナウイルス感染症対策として、季節性インフルエンザとの同時流行を防ぐことを目的に、生後6か月から高校3年生相当の方および、65歳以上等の高齢者インフルエンザ定期予防接種の対象者について、インフルエンザ予防接種の費用を1回1,000円で接種する予定です。
 

<インフルエンザ予防接種の概要> 
実施期間
令和2年10月1日から令和3年1月31日まで
対 象 者
福岡市に住民票があり、次の(1) (2) に該当する者
(1) 生後6か月から高校3年生相当(令和3年4月1日時点で18歳) 
(2) 高齢者インフルエンザ定期予防接種対象者 
1)65歳以上の者
2)60歳以上65歳未満であって心臓、腎臓、呼吸器の機能およびヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がい(身体障害者手帳1級相当)を有する者
 
接種希望者のスマートフォンに新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)がインストールされていること(啓発チラシによるインストール推奨でも可)を条件に、一人につき1回限り自己負担額1,000円で予防接種を実施します。
 
福岡県在住の65歳以上の方のインフルエンザ予防接種に関する特例について


福岡県内全ての市町村における65歳以上の高齢者等を対象とするインフルエンザワクチンの定期接種について、接種費用の自己負担分を福岡県が助成することとなり、例年、窓口で徴収されているインフルエンザの定期接種に係る自己負担分は、今年度に限り無料で接種可能となりました。
従いまして、福岡市在住の65歳以上の方も自己負担は無しでインフルエンザ予防接種を受ける事が出来ます。